10:00〜19:00(休診日:不定休)

フォトフェイシャル(光治療)とレーザー治療の違いとは?光治療の特徴や種類、選び方も解説!

2024年03月14日

フォトフェイシャル(光治療)とレーザー治療の違いとは?光治療の特徴や種類、選び方も解説!

フォトフェイシャル(光治療)とは

フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light) という特殊な光をお肌に照射し様々な肌トラブルを改善していく治療です。
単一のレーザー光線を用いるレーザー治療とは違い、複数の波長のレーザー光を照射することで、一度の照射で複数のお肌トラブルに対応することが可能です。
数ある美肌治療レーザーの中でも特に、お肌全体の色むらや、シミなどのお悩み改善を行うことを得意とします。
また、光治療はお肌のターンオーバーを促進させる作用も持つため、肌の質感向上目的で使用することもできます。

フォトフェイシャルの効果


シミ・そばかすの改善

フォトフェイシャルの光がシミやそばかすの原因であるメラニン色素にダメージを与え、熱を発して分解します。分解されたメラニンはターンオーバーによって肌表面に浮き上がり排出を促すことで、シミやそばかすが自然と剥がれ落ちます。
また、メラニン色素の生成を抑える効果も期待できるため、新しいシミやそばかすができにくくなります。

ニキビの改善

毛穴で炎症を起こしニキビの原因となっているアクネ菌を、光の熱作用で殺菌することができます。
ニキビの診断を受け、皮膚科で保険治療を受けてもなかなか治らないニキビにお困りの方で、面皰圧出 ( ニキビの化膿している部分を圧出する方法 )と光治療で、改善することもあります。

赤ら顔の改善

赤ら顔は、皮膚真皮の毛細血管が拡張したもので、血流が通常に比べて増加した状態で皮膚が赤くなることが原因です。
フォトフェイシャルの光は赤い色素にも反応します。赤みの原因となる肌表面に広がった毛細血管を収縮させることができるため、顔の赤みを目立ちにくくする効果が期待できます。

コラーゲンの生成を促進

肌の真皮層に熱を与えることでコラーゲンの生成が促され、保水力が高まることで、肌の内側からふっくらとしたハリや弾力の回復、毛穴の開き、小じわの改善といった肌の質感向上の期待もできます。

光治療とレーザー治療の違い


光治療とレーザー治療の違い

波長(光の長さ)

波長とは、光の波の長さのことです。波長が短い場合は皮膚表面、長い場合は皮膚の奥深くまで到達するとされます。


光治療(IPL)の波長

フォトフェイシャルなどの光治療では、IPL(Intense Pulsed Light)という光を使用しています。
このIPLは、1種類の光だけでなく様々な種類の光を持ち合わせています。そのため、シミ・そばかす・ニキビ跡・赤ら顔・小じわなど幅広いお悩みを改善することが可能です。
レーザーのようにシミやほくろなどどれか一つの悩みをピンポイントに集中的に改善するための治療ではなく、顔全体をケアするための治療方法のひとつだと理解しておくとよいでしょう。広い範囲にフラッシュを浴びせる施術なので、顔全体の肌質をよりよい状態に改善したい場合に向いていると言えます。


レーザーの波長

レーザー治療は、特定の波長を用いてその波長がしっかとりとアプローチできる皮膚の深さや色素に作用させる治療です。
レーザー機器でも機器によって波長は異なります。メラニンの黒い色素や赤い色素などに応じて異なる目的に使用されます。例えば、メラニンの黒い色素に反応しやすい波長のレーザーはシミや傷跡の改善に使用され、赤い色素に反応しやすい波長のレーザーは肌の赤みの改善に使用されます。

また、皮膚の深い部分に到達する波長を持つレーザーは、シミの除去だけでなく、真皮上層部にアプローチしてコラーゲン生成を促進することも可能です。このような治療方法は、若々しい肌を目指す際に使用されます。

パルス幅(光の照射時間)

パルス幅とは、光の照射時間のことです。パルス幅が長いと光はターゲットの周囲にも広がり「浅く広く」アプローチすることができ、短いとターゲットにピンポイントに「深く狭く」アプローチすることができます。


光治療(IPL)のパルス幅

光治療は、パルス幅が長いことが特徴です。そのため光を照射するターゲットの周囲の皮膚にも光による熱が広がります。これにより、「広く浅く」アプローチすることができると言えます。効果は比較的マイルドになるため、光治療が照射された部分は、施術後に炎症や色素沈着などのトラブルが起きにくく、その点が魅力となっています。


レーザーのパルス幅

レーザー治療は光治療とは対照的に、肌に強くアプローチするために行われる治療方法です。その主な理由の一つは、パルス幅が短いことです。特にピコ秒など極めて短いパルス幅の場合、照射するターゲットの周囲の皮膚に熱が広がりにくくなります。このことにより、ピンポイントかつ深い部位に作用することが可能となります。

これまでQスイッチYAGレーザーなどのナノ秒のパルス幅で照射が行われていましたが、ピコレーザーの開発により、さらに短いパルス幅での照射が可能となりました。

光治療(IPL)の種類

光治療に使われる機器は多くの種類があります。
照射で用いられるレーザー光線の波長や、照射時間、冷却装置などでメーカーごとに違いがあり、単純に比較することはできませんが、目的とする治療は同一であるため、性能はほとんど同じです。
クリニックごとに、採用している機械をおすすめする理由はそれぞれかと思います。

当院の光治療器:ライムライトについて

当院では、日本人医師とキュテラ社により共同開発された光治療器である、ライムライトを使用いたします。
従来の光治療器は海外で白人向けに開発されたものがほとんどで、黄色人種の日本人には効果が出づらい、副作用が強いなどがデメリットでした。

ライムライトは、日本人の肌をベースとして開発されており、肌色や肌質なども考慮されているため肌への負担が少なく、肌トラブルのリスクも少ないです。
他のフォトフェイシャルで効果がなかった方も、ぜひお試しください。

ライムライト治療なら
アスク美容クリニック銀座がおすすめ

▼アスク美容クリニック銀座のピコフラクショナルの治療ページはこちら
【ライムライト治療】https://asc-biyoclinic.com/treatment/limelight/

カテゴリー

人気記事

マッサージピールをやりすぎると逆効果?適切な頻度やメリット・デメリットも解説!

2024年02月09日
マッサージピールをやりすぎると逆効果?適切な頻度やメリット・デメリットも解説!

「 コラーゲンピール 」と呼ばれることもある「マッサージピール」について解説しています。
マッサージピールはお肌にやさしく作用しコラーゲン生成を活性化することができる特徴があります。
気になる方はぜひご覧ください!

詳しくはこちら→

ピコスポット施術を受けたのにシミが消えない?原因や後悔しない方法を解説!

2024年03月14日
ピコスポット施術を受けたのにシミが消えない?原因や後悔しない方法を解説!

シミ取り効果を実感できるピコスポットですが、施術を受けたのにシミが消えない原因や後悔しない方法を解説しておりますので、気になる方はご覧ください!

詳しくはこちら→

ジェネシスの美容効果とは?効果を実感できる回数や併用したい施術も解説!

2024年03月14日
ジェネシスの美容効果とは?効果を実感できる回数や併用したい施術も解説!

ジェネシスとは、米国のキュテラ社が開発したレーザー機器を使用した、ロングパルスYAGレーザーで、FDA(日本の厚生労働省のような政府機関)承認を得た安全かつ安心な医療レーザー治療です。 効果を実感できる回数や併用したい施術も解説しているので気になる方はぜひご覧ください!

詳しくはこちら→

お電話でのお問い合わせ

0120-418-901
10:00〜19:00(休診日:不定休)
 

アクセス

 

銀座の中でもアクセスしやすい立地がポイントです

アスク銀座クリニック
診療時間
10:00~19:00

(休診日:不定休)

住所

東京都中央区銀座7丁目4-15 RBM銀座ビル2階

電車でお越しの方

JR新橋駅銀座口より徒歩5分
JR有楽町駅銀座口より徒歩8分
銀座線銀座駅C3出口より徒歩4分
日比谷駅より徒歩7分

お車でお越しの方

西銀座駐車場のE出口から徒歩30秒

フリーダイヤル

0120-418-901(ヨイハダキレイ)