10:00〜19:00(休診日:不定休)

脂肪溶解注射
脂肪溶解注射


こんな方にオススメ

  • 頬やフェイスラインの脂肪を落としたい方
  • 二重あごを改善したい方
  • 小顔になりたい方
  • 体の気になる脂肪を部分的に減らしたい方
  • ダイエットに挑戦してもリバウンドしてしまう方
  • 脂肪吸引に抵抗がある方

治療ポイント

脂肪溶解注射は脂肪を溶解する有効成分を直接肌に注入し、脂肪細胞を溶かして体外に排出させる施術です。人が本来持つ代謝にあわせて脂肪細胞を溶解し、尿や汗などと一緒に排出し部分痩せを行います。
脂肪吸引などメスを使う施術よりダウンタイムが短く、痛みも少ないことが特徴です。

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射は皮下脂肪に薬剤を注射することで、脂肪を溶解する有効成分を体内に届け、脂肪を分解し体外に排出させることで脂肪の量を減らす施術です。注射する成分は米国FDAの承認を受けたデオキシコール酸のほか、脂肪分解効果を期待できるさまざまな成分を含んでいます。
顔や体の気になる部位に注射することで、効率的に部分痩せすることが可能です。また、脂肪細胞そのものを減らすため、リバウンドのリスクが低いことが特徴です。
脂肪溶解注射の薬剤はいくつかありますが、当クリニックでは3,200以上のクリニックで50万件施術実績のあるBNLSシリーズの「BNLS FAT BURN」(BNLSファットバーン)を使用しています。

デオキシコール酸とは?

デオキシコール酸ナトリウムは、体内で自然に生成される胆汁酸の一種で、主に食事中の脂肪の分解と吸収を助ける機能を持っています。この物質は医療分野でも利用されており、特定の脂肪細胞を減少させるために直接脂肪層に注入されることがあります。それが脂肪溶解注射です。
脂肪に注入されたデオキシコール酸ナトリウムは、脂肪細胞の細胞膜を破壊する作用を持ちます。これにより脂肪細胞は機能を失い、その後体外に排出される過程で減少します。結果として、注入された部位の外観や輪郭が改善され、よりすっきりとしたシルエットを実現することが可能になります。

脂肪溶解注射

BNLS FAT BURNとは

脂肪溶解注射

高い脂肪溶解効果

当クリニックで使用する薬剤「BNLS FAT BURN」は、主成分のデオキシコール酸ナトリウムの含有量が10mg/ml(1%濃度)と高濃度のため、脂肪溶解効果が高いとされています。
さらに、脂肪分解を促進するコレウスフォルスコリエキスとラクトフェリンを新たに配合したことで、脂肪細胞への作用が強化され、より効率的な脂肪の分解と代謝促進が期待できるようになりました。これらの成分の相乗効果により、BNLS FAT BURNは従来のBNLSに比べて脂肪溶解の速度と量を向上させることが可能となっています。



デオキシコール酸ナトリウム

この成分は米国FDAにより脂肪溶解効果が承認されています。自然に体内で生成される胆汁酸の一種であり、脂肪細胞の膜を直接破壊し、中性脂肪を除去します。破壊された脂肪細胞は体内の静脈やリンパ系を通じて排出されるため、特定の部位の脂肪減少に効果的です。

コレウスフォルスコリエキス

この成分は亜熱帯地域に自生するハーブから得られます。コレウスフォルスコリの根に含まれるフォルスコリンという成分が、体脂肪の減少を促し、除脂肪体重(LBM)※の増加に寄与します。体重の管理と脂肪細胞からの脂肪酸の排出を促進することも特徴です。
※除脂肪体重(LBM):全体重のうち、体脂肪を除いた筋肉や骨、内臓などの総量のこと。

ラクトフェリン

この成分は脂肪細胞への栄養供給を制限し、脂肪細胞の小型化を促進します。また、脂肪細胞内での脂肪の燃焼を活性化し、脂肪生成を促す遺伝子の発現を抑制することにより、体脂肪の減少を助けます。

その他の有効成分

●ヒバマタ(海藻)抽出物…脂肪分解作用

●セイヨウトチノキ(マロニエ)…抗炎症作用、浮腫減少作用

●ペルシャグルミ(クルミ)…血管保護作用、血液循環作用

●メチルプロパンジオール…有効成分の浸透性向上作用(有効成分を肌深部まで届ける)、保湿作用

●マンヌロン酸メチルシラノール…脂肪分解作用、抗炎症作用、保湿作用

症例写真

二の腕脂肪溶解注射
施術名
二の腕脂肪溶解注射
説明
二の腕に脂肪溶解注射(BNLS FAT BURN)1回10cc(片腕5ccずつ)を2週間の間隔で3回行いました。ダイエットでは痩せにくい二の腕も脂肪溶解注射によって部分痩せすることができます。
リスク
腫れ・内出血・赤み・むくみ・熱感・感染
価格
10cc×3回 198,000円
顎下脂肪溶解注射
施術名
顎下脂肪溶解注射
説明
顎下に脂肪溶解注射(BNLS FAT BURN)1回5ccを2週間の間隔で3回行いました。
顎下の脂肪が減り、たるみのないすっきりとしたフェイスラインになりました。
リスク
腫れ・内出血・赤み・むくみ・熱感・感染
価格
5cc×3回 99,000円

薬剤比較表

脂肪溶解注射
脂肪溶解注射

脂肪溶解注射の
特徴・リスク・副作用

施術時間10~20分程度
麻酔痛みが心配な方は表面麻酔、笑気麻酔の使用が可能です。
メイク施術部位以外は施術後から可能
痛み注入部位によってチクッとした痛みを感じることがあります。
入浴や運動翌日から可能。シャワーは当日から可能。
ダウンタイム注入部位や注入量、体質により個人差はありますが、内出血は2〜3日程度、腫れやむくみは3日〜1週間程度です。
リスク・副作用・赤み
・内出血
・腫れやむくみ
・熱感
・しこり
・感染
・アレルギー反応
・筋肉痛のような痛み
注意事項次の方は施術を受けられません。当てはまる方はカウンセリングにてお申し出ください。

・妊娠の可能性がある方、妊娠中、授乳中の方
・がんの治療中、治療後3か月以内の方
・ヘルペス、皮膚疾患、出血性疾患のある方
・心臓疾患、膠原病、重度の糖尿病の方
・麻酔や抗生物質、ヒアルロン酸にアレルギーのある方
・ケロイド体質の方
・アレルギー反応を起こしたことがある方

その他、治療中の疾患や服用している薬がある場合はご相談ください。

料金

脂肪溶解注射
BNLS FAT BURN (1cc) 6,600(税込)
BNLS FAT BURN (5cc) 33,000(税込)
BNLS FAT BURN (10cc) 66,000(税込)

施術の流れ

1.予約

当クリニックのホームページまたはLINEからご予約ください。予約前に不安な点や相談したい点がある場合は電話でのお問い合わせもおすすめです。

1.予約

2.カウンセリング

施術ご希望の箇所を診察し、施術の流れやダウンタイム、副作用などについてご説明します。不明な点は遠慮なくおたずねください。
内容に問題がなければ同意書にご署名いただきます。

2.カウンセリング

3.会計

料金のお支払いになります。

3.会計

4.施術

お顔の場合は施術前にメイクを落としていただき、医師が気になる部位に薬剤を注入していきます。表面麻酔をご希望の方は、注入部位に麻酔クリームを塗布し、20分程お待ちいただきます。

4.施術

5.アフターケア

施術後はメイクをしてご帰宅いただけます。施術後の腫れや痛みなど気になる点は遠慮なくスタッフにお申し付けください。

5.アフターケア

よくある質問

Q.効果はすぐに出ますか?

A.
効果は施術の3日後程度から実感いただけます。

Q.施術は何回必要ですか?

A.
一度の施術でも効果を期待できます。しかし、より効果を高めるには2〜3週間の間隔で3回程度の施術をおすすめしております。

Q.注入量は自分で決められますか?

A.
注入量は医師とのカウンセリングの中でご提案させていただきます。

Q.リバウンドはありますか?

A.
基本的にリバウンドはありませんが、患者様の食生活や生活環境等によりリバウンドすることもあります。

そのほかのおすすめの施術

お電話でのお問い合わせ

0120-418-901
10:00〜19:00(休診日:不定休)
 

アクセス

 

銀座の中でもアクセスしやすい立地がポイントです

アスク銀座クリニック
診療時間
10:00~19:00

(休診日:不定休)

住所

東京都中央区銀座7丁目4-15 RBM銀座ビル2階

電車でお越しの方

JR新橋駅銀座口より徒歩5分
JR有楽町駅銀座口より徒歩8分
銀座線銀座駅C3出口より徒歩4分
日比谷駅より徒歩7分

お車でお越しの方

西銀座駐車場のE出口から徒歩30秒

フリーダイヤル

0120-418-901(ヨイハダキレイ)