10:00〜19:00(休診日:不定休)

糸リフトが効果がないと感じる原因やケースを医師が解説

2024年02月22日

糸リフトが効果がないと感じる原因やケースを医師が解説

糸リフトに期待できる効果とは?


たるみやしわの改善

糸リフトとは、皮膚の下に溶ける糸を挿入し、皮下脂肪を引き上げることで、たるみやしわを改善する治療です。
スレッドリフトや切らないフェイスリフトとも呼ばれます。
ある程度長さがあり、コグといってトゲのようなものが付いた特殊な糸を挿入することで、頬やフェイスラインのたるみやもたつきを解消することができます。全体的に引きあがることで、ほうれい線やマリオネットラインなどのしわも目立ちにくくなります。
それ以外には、数センチの短い、トゲの無い糸を多数用いることで、皮膚にハリを持たせる方法もあります。

フェイスラインを整え、小顔効果

フェイスライン、ほうれい線、あご下などは、加齢により皮膚の下垂や、もたつきが現れやすい部位です。これらの部位に糸リフトを施すことで、垂れ下がった、もたついた皮膚をもとのあるべき場所に戻してあげることになり、スッキリしたフェイスラインと、小顔効果を得ることにつながります。

コラーゲン生成促進による美肌効果

糸リフトに用いられる糸は、半年~1年半ほどで吸収される素材ですが、体にとっては異物です。体に異物を挿入すれば、その周囲にはコラーゲンやエラスチンといった、線維性の組織が作られます。
皮膚の下に糸を通すことで、糸が挿入された部分は、傷を治そうと活発に働くようになります。糸周囲の繊維芽細胞が活性化しますので、コラーゲン生成が促進されます。
そのため、糸が吸収されてなくなった後も、お肌のハリや弾力アップが期待できます。肌質が改善され、小じわも目立たなくなります。

糸リフトの効果を実感できない場合の原因


皮下脂肪の量が多すぎる、または少なすぎる

糸リフトのトゲは、皮膚にひっかけるのではなく、皮下脂肪をひっかけています。ですから、皮下脂肪が多すぎる場合は、糸リフトでは力不足となり、思ったほどたるみを持ち上げることが出来ません。
糸の数を増やすと、術後の違和感やひきつれに繋がる恐れがあるため、むやみに糸の数を増やすことはおすすめできません。
糸リフトを受ける前に脂肪融解注射を受け、ある程度脂肪量を減らして糸リフトを受けると、うまく引き上がることもあります。
逆に皮下脂肪が少なすぎたり、皮膚そのものの厚みが少ない方で、十分に糸リフトの効果を実感することができない可能性があります。
皮膚全体の厚みが少ないために、挿入した糸のトゲが皮膚直下にひっかかり、凹みが現れやすくなってしまいます。

皮下脂肪の量は、ご自身での判断は難しいため、カウンセリングで医師に確認してもらってください。

たるみが強く糸リフトが適応していない

たるみが強い、すなわち皮膚の余剰が多すぎる場合でもリフトアップ効果が実現できないことがあります。
糸リフトで皮膚を持ち上げても、皮膚がカーテンやスカートのヒダのようになり、すっきりと改善できないわけです。このように顔のたるみが進行してしまっているケースは、余剰な皮膚を切り取る、切開リフト(フェイスリフト)手術が適しています。

担当医の技術が不足していた

担当医の知識、技術が足りないケースもあるかと思われます。どんな施術であっても、医師の技術次第で期待通りの効果を得られなかったり、失敗のリスクが高くなってしまいます。
糸を通すコースに無理があった、糸の本数の過不足があった、極端に浅い、または深い場所に糸を通しデコボコになってしまった、糸の端が露出して感染を起こしてしまった、等が考えられます。
一つひとつの医師の判断が仕上がりに影響するため、事前にホームページやSNSで症例写真を見る、いくつかのクリニックにカウンセリングに行き比較するなど技術力のある信頼できる医師を見つけることが大切です。

カウンセリングで理想のイメージを伝えきれなかった

医師側と患者さん側で、最も改善したい場所が異なっていたのかもしれません。糸リフトは色々な部位に行うことができますが、優先部位をはっきりさせ、糸の種類、本数を決めると良いです。また、医師が良かれと治療を勧める部位があっても、患者さんとしては気にしていない部位もあります。カウンセリング時に、しっかりとご自身の希望をお伝えしてみて下さい。

糸リフトのデメリット


切開リフトと比較すると持続期間が短い

糸リフトの効果は、糸の種類や挿入本数、たるみの程度など個人差がございますが、半年~2年程度とされています。
切開リフト(フェイスリフト)手術と比べて、糸リフトの持続期間は短いと思われるでしょう。しかし、切開する手術を受けても、年月が経つにつれて皮膚は下垂し、伸びるので、いつまでも持続するわけではありません。たるみの治療は1回で完結することはなく、適切な時期に、適切な治療を受けていく、という考えが宜しいかと思います。

強いたるみにはリフトアップ効果がない場合がある

前述のように、たるみが強い(皮膚の余剰が多すぎる)場合には、糸リフトの効果が弱い、効果が無いことがあります。
顔のたるみが進行してしまっているケースは、余剰な皮膚を切り取る、切開リフト(フェイスリフト)手術が適しています。

糸リフトで後悔しないために

糸リフトで後悔しないために

ここまで読んでくださった方には、ご自分に糸リフトの適応がありそうか、または適応がなさそうか、ある程度判断がついていらっしゃるかと思います。分からないことは、実際にカウンセリングをお受けになることをお勧めいたします。
治療のメリット、デメリットを十分に理解されると、糸リフトで後悔する可能性も少なくなるでしょう。
施術後に後悔しないためにも、カウンセリングが丁寧で技術力の高い医師、信頼できるクリニックを選びましょう。

糸リフトならアスク美容クリニック銀座がおすすめ

糸リフトにご興味をお持ち頂けたなら、アスク美容クリニック銀座にお問い合わせください。脱毛などの他の治療で通院中の方も、気軽にお声掛けください。

▼アスク美容クリニック銀座の糸リフト施術ページはこちら

この記事の監修

藤澤大輔

医師

【経歴】

2003年 金沢大学医学部卒業
2003年 東京女子医科大学形成外科学教室へ入局
2011年 東京女子医科大学大学院進学(同時に美容外科研修を開始)
2012年 井上浩一統括院長の元で、自毛植毛に従事
2015年 学位取得(東京女子医科大学大学院修了)
2018年 獨協医科大学形成外科教室 医局長
2019年 獨協医科大学 講師
2023年 アスク井上クリニック・アスク美容クリニック銀座 非常勤医師


【資格】
医学博士
日本形成外科学会専門医
小児形成外科分野指導医
再建・マイクロサージェリー分野指導医
皮膚腫瘍外科分野指導医
日本熱傷学会専門医
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会会員(JSAPS)

カテゴリー

人気記事

ピコスポット施術を受けたのにシミが消えない?原因や後悔しない方法を解説!

2024年03月14日
ピコスポット施術を受けたのにシミが消えない?原因や後悔しない方法を解説!

シミ取り効果を実感できるピコスポットですが、施術を受けたのにシミが消えない原因や後悔しない方法を解説しておりますので、気になる方はご覧ください!

詳しくはこちら→

ピコフラクショナルで毛穴やニキビ跡を改善できる? 効果やメリット・デメリットも解説!

2024年03月14日
ピコフラクショナルで毛穴やニキビ跡を改善できる? 効果やメリット・デメリットも解説!

ピコフラクショナルは、ニキビ跡、毛穴の開きなど、凹凸のある肌をなめらかにする肌質改善を目的とする美肌レーザー治療です。
効果やメリット・デメリットも解説しておりますので、気になる方はご覧ください!

詳しくはこちら→

マッサージピールをやりすぎると逆効果?適切な頻度やメリット・デメリットも解説!

2024年02月09日
マッサージピールをやりすぎると逆効果?適切な頻度やメリット・デメリットも解説!

「 コラーゲンピール 」と呼ばれることもある「マッサージピール」について解説しています。
マッサージピールはお肌にやさしく作用しコラーゲン生成を活性化することができる特徴があります。
気になる方はぜひご覧ください!

詳しくはこちら→

お電話でのお問い合わせ

0120-418-901
10:00〜19:00(休診日:不定休)
 

アクセス

 

銀座の中でもアクセスしやすい立地がポイントです

アスク銀座クリニック
診療時間
10:00~19:00

(休診日:不定休)

住所

東京都中央区銀座7丁目4-15 RBM銀座ビル2階

電車でお越しの方

JR新橋駅銀座口より徒歩5分
JR有楽町駅銀座口より徒歩8分
銀座線銀座駅C3出口より徒歩4分
日比谷駅より徒歩7分

お車でお越しの方

西銀座駐車場のE出口から徒歩30秒

フリーダイヤル

0120-418-901(ヨイハダキレイ)